たくさん収穫できてお得感あり!唐辛子、ししとうの育て方

育て方

たくさん実がなってお得感のあるししとう系は毎年育てています。去年は万願寺とうがらしと唐辛子を育てあしたがどちらも食べきれないくらいに育ってくれたので今年も引き続き挑戦してみようと思います。

1.唐辛子、ししとうについて

唐辛子とししとうは、両方ナス科トウガラシ属で原産地も中南米で同じで伝承ルートなども共通点が多いです。育て方についても共通する部分が多いので今回は一緒にまとめてみました。

去年育てた万願寺とうがらし

2.唐辛子、ししとうの育て方

2.1 定植

1.苗を買う時は一番花のついた苗を買うと育てやすいです。
2.5月晴れた日の午前中に根を崩さないように植え付け水をたっぷりあげます。
3.仮支柱を立てて茎と支柱を紐で結びます。

2.2 支柱立て

1.株が成長してきたら本支柱を立てる
2.強風などで倒れないように、何箇所か紐で誘引する。

2.3水やり、追肥

1.シシトウは肥料を多めに与えます。定期的に追肥します。

ポイント

花が咲いても落花してしまう場合や実がぜんぜん生長しない場合は肥料と土の水分が少ない可能性があります。実が小さいうちに柄が黄色くなって枯れ落ちる時は肥料が少ないサインです。

2.4 芽かき

1.ある程度株が成長するのを待ちます
2.1番花の下の脇芽を2本伸ばしそれ以外の脇芽は摘み取ります。
3.1番花より下の葉を全て取り除きます。

2.5 収穫

唐辛子はあかくなってから、シシトウは未成熟のものを収穫するので7cm位を目安に摘み取ります。

去年は取り遅れたシシトウ赤くなってたね

3.まとめ

シシトウと唐辛子は何度か育てたことがあるのですが、たくさんとれてお得感あります!今年は一味唐辛子とかも挑戦してみたいです。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました