ナスの隣でお守り役!コンパニオンプランツとしてのニラの育て方

育て方

ニラも育ててみようかなー!

色々、育てたいのは分かるけどそんなスペースあるの

コンパニオンプランツとして少し育てれる方法がありそうなので試してみます!

ニラを単体で育てるとなると、狭い我が家の家庭菜園スペースでは少し二の足を踏んでしまいますが、コンパニオンプランツとしても優秀で少し育ててみるて形もとれそうです。今回はコンパオンプランツとして育てていく方法を調べてみました。

1.ニラについて

ニラはヒガンバナ科の多年草で原産地は東アジアといわれており、3000年以上前から利用されてます。日本には9世紀頃、伝わったとされており、古事記や万葉集等に記述があり古くから親しまれてる野菜てす。

和名/英名ニラ/Chinese chive
原産地東アジア・中国
分類ヒガンバナ科
発芽温度15~20℃
育成温度17~22℃
株間30cm
畝幅60cm
土壌酸度pH6~6.5
収穫まで約3ヶ月

2.コンパニオンプランツ

ニラ等のネギ類は、根に共生する拮抗菌は抗生物質の一種をだして病原菌を減らす働きを期待できます。ナス科のトマトやナスやピーマン、ウリ科のきゅうりなど相性のいい野菜も多いのも特徴です。コンパニオンプランツで使う場合は植え方にポイントがありますので後段で説明します。

3.買い方

ニラは苗は春頃に市販される株を買うか種から栽培します。

苗で販売しているの見たことないので見つからなさそうでしたら種から育ててみたいと思います!

4.育て方

4.1 種まき

ニラの発芽温度は15~20℃なので、種まきは3~4月に行います。
1.3号の育苗ポットを用意します。
2.土の中心に指で1cmほどの穴を空けて10~15粒の種をまきます。
3.覆土し、水やりをします。

4.2 間引き

草丈5~6cmになったら間引いて元気な苗を残して7本立てにする。草丈20cmほどまで育てます。

4.3 定植(コンパニオンプランツにする場合)

今回はナスとニラのコンパニオンプランツを考える場合、ポイントは距離になります。

ナスの根圏は広範囲に及び、梅雨の間は浅く広く、梅雨明けには深く潜ります。そのため小さなニラをナスの株間に植えると、初期の段階でナスの根に消されてしまうこともあります。

唯一ナスのガードの甘い場所が株元になるので、株間を80cmと広めにとりニラの苗と一緒に植えます。最初からナスの懐に入ることで根を絡ませあってニラの消毒効果を期待します。

4.4 水やり

ニラは、たくさんの水を必要としません。土の表面が乾いたらたっぷり水やりすることにし、水のやりすぎに注意します。

4.5 収穫

株元を残してハサミ等で刈り取ります。収穫後は再生を促すため液肥等を施します。

5.まとめ

今回はニラについて調べてみました!

今回初挑戦ですが、先輩の家庭菜園見に行った時に野生のニラがたくさんあったので、結構強い野菜なのでは、育てやすいのではという期待をしています。プランターが余りそうでしたらコンパニオンプランツとしてだけでなく育ててみたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました