【家庭菜園】寄せ植えにも最適!ニラの栽培方法

野菜の育て方

色んな品種がありますが家庭菜園だとスペースがないと植えたいものが多すぎて困ったりしませんか。ニラも美味しいくて簡単ですが、メインで育てるとなると少し二の足を踏んでしまう人もいるのではないでしょうか。
ニラはコンパニオンプランツとしても優秀で根には共生する微生物が抗生物質を出して、ウリ科やナス科などの土壌病害の原因となる病原菌を減らす効果があります。また葉の香りは害虫が嫌うため、春夏野菜の主役の隣にニラを育てることもおススメです。

1.育える前にニラについて理解しておく

ニラはヒガンバナ科の多年草で原産地は東アジアといわれており、3000年以上前から利用されてます。日本には9世紀頃、伝わったとされており、古事記や万葉集等に記述があり古くから親しまれてる野菜てす。

和名/英名ニラ/Chinese chive
原産地東アジア・中国
分類ヒガンバナ科
発芽温度15~20℃
育成温度17~22℃
株間30cm
畝幅60cm
土壌酸度pH6~6.5
収穫まで約3ヶ月

2.ニラはコンパニオンとして優秀な野菜

ニラ等のネギ類は、根に共生する拮抗菌は抗生物質の一種をだして病原菌を減らす働きを期待できます。ナス科のトマトやナスやピーマン、ウリ科のきゅうりなど相性のいい野菜も多いのも特徴です。コンパニオンプランツで使う場合は植え方にポイントがありますので後段で説明します。
コンパニオンプランツて何?て方はこちらで記事をまとめていあすので参考にしてください。

3.ニラの買い方

ニラは苗は春頃に市販される株を買うか種から栽培します。わりとポピュラーな野菜ですので、近くのホームセンターに売っていると思います。
品種とかにこだわったり、他の野菜と一緒に買いたい方などこちらに苗や種の購入方法にまとめていますので参考にしてください。

4.ニラの栽培方法

4.1 ニラの種まき

ニラの発芽温度は15~20℃なので、種まきは3~4月に行います。
1.3号の育苗ポットを用意します。
2.土の中心に指で1cmほどの穴を空けて10~15粒の種をまきます。
3.覆土し、水やりをします。

4.2 ニラの間引き

草丈5~6cmになったら間引いて元気な苗を残して7本立てにする。草丈20cmほどまで育てます。

4.3 ニラ寄せ植えをする時の定植方法

近くに植えてあげるのがポイント

ニラをコンパニオンプランツに植える時のポイントは距離になります。ニラの根に共生する拮抗菌の効果を高めるために一緒に植える野菜の近くに植えます。

4.3.1 ナスにニラを寄せ植えする場合

基本近くに植えるだけでも十分だと思いますが、一緒に植える野菜の根の特性をしておくとよりよいでしょう。
ナスの根圏は広範囲に及び梅雨の間は浅く広く、梅雨明けには深く潜ります。植え付ける場所はナスのガードの甘い場所が株元がおすすめです。植え付ける時期も最初からナスの懐に入ることで根を絡ませあってニラの消毒効果を期待できます。

4.4 ニラの水やり

ニラは、たくさんの水を必要としません。土の表面が乾いたらたっぷり水やりすることにし、水のやりすぎに注意します。

4.5 ニラの収穫と周期

ニラは根からとらず株元を残してハサミ等で刈り取ると再生して何度も収穫することがきます。収穫後は再生を促すため肥料をあげてもいいですが、コンパニオンプランツ等で植えている場合は一緒に植えてる野菜と同時期でも十分育ちます。
大体、1ヶ月に1回位は収穫できるので、若い葉のうちに収穫した方が美味しくいただけます。

5月31日刈り取ったニラ
6月25日には再び収穫できる大きさになります。

5.まとめ

私がニラを育ててみようと思ったのは、先輩の家庭菜園見に行った時に野生のニラがたくさんあったので、結構強い野菜なのではと思ったのがきっかけでした。適当に採っていいよというお手軽さも魅力に感じました。
春夏野菜は育てたいものがたくさんあって悩みますよね。こちらにしま農研のおすすめおすすめ野菜の育て方をまとめていますので参考にしてみてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました