【地植え】ローズマリーの育て方と収穫のタイミング

育て方

ハーブ、料理に使いたいしもう少し増やしてほしいな

ハーブを植えるスペース作ったし今年は地植えで挑戦してみるよ

去年、鉢植えで放置していていても冬越ししてくれたローズマリー。育て方をほぼ調べてなかったので収穫のタイミングがあまり掴めませんでした。今年は剪定や収穫などにも気を使っていきたいと思います。今年はハーブスペースも作りましたので、鉢植えを移植して地植えに変更して育てていく予定です。調べたことを記事にしてみました。

1.ローズマリーとは

ローズマリーは地中海が原産地といわれています。

比較的育てやすいですが、根をさわられるのを嫌がるのて移植には気をつけましょう。特に地植えの場合は移植すると枯れてしまう可能性が高いので植える場所に気をつけましょう。

名称ローズマリー
原産地地中海沿岸
分類シソ科マンネンロウ属
生育適温15~25℃
土壌酸度pH6.0~6.5

2.ローズマリーの育て方

【定植】苗鉢を崩さないようにポットから出し植える。植えた後にはたっぷり水をあげます。
【水やり】加湿を嫌い乾燥にはある程度強いですが表面が白くなったらたっぷり水をあげる。
【剪定】植え付けから1ヶ月後、株数を増やすため主枝の先端を切る
【収穫】1年中収穫できます。好きなタイミングで枝を切って収穫します。
【追肥】あまり必要ありません。直植えは年1回、プランターは液肥年2回を目安にします。
【挿し木】できるだけ新しい葉を10cmほど切り取り葉を半分ほど落としてから水に挿します。1時間ほどたったら土に刺して毎日水をあげます。2.3週間程で発根します。

植え付け後にはたっぷり水をあげる

3.ローズマリーの移植

ローズマリーは地植えからの移植は年数がたつほど難しいと言われています。その理由は、根が太くなり、細かい根が減っていき移植後根づかない事が理由です。鉢植えの際はそれほど気にする必要はないそうです。
今回、我が家でも移植を実行しました。タイムやセージとの寄せ植えでしたので、根が絡みあってそれをほぐすことに苦労しましたが、無事移植完了しました。

去年は寄せ植えを移植
なるべく土を崩さないようにする
移植完了

3.まとめ

去年は鉢植えで育てていたローズマリーですが今年はロックガーデーン風花壇を作りましたので、移植しました。去年、収穫をためらったローズマリーですが今年は少し収穫していきます。

ハーブは私の庭の雰囲気にも合いますし、大事に育てていきます。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました