家庭菜園初心者にもおすすめ!ハーブの王様バジルの育て方

育て方

何度か育てたことのあるバジルですが今回はコンパニオンプランツとして育ててみようと思います。バジルの育て方を予習したので記事にしました!

割と世話をかけずに育ってくれるイメージがあるバジル。種から買って2,3株育れれば使いきれない位の収穫があるんじゃないでしょうか。今回はバジルペーストにも挑戦できたらなと妄想しております。ハーブの王様としても有名なバジルですがナス科とも相性がよく害虫忌避としても期待ができます。そんなバジルの育て方を記事にしました。

1.バジルとは

バジルの原産地はインドからインドネシア半島にかけての地域で、ヒンズー教徒の間では神にささげる高貴な植物とされていました。後に、ヨーロッパに伝えられ各地に広められイタリア料理などでもなくてはならない植物になりました。
シソ科メボウキ属になります。メボウキの由来は諸説ありそうですが、バジルの種子を水に浸すと膨張し表面がゼリー状になり、それで目に入ったごみを洗浄していたというとこから、目を掃除する「目ぼうき」と称されるようになったという話があります。
熱帯出身の植物のため寒さにはあまり強くなく日本では越冬は難しい植物になります。

2.コンパニオンプランツ

バジルはナス科やアブラナ科のラデッシュなどと相性がよく、ウリ科は相性が悪い野菜が多いそうです。
バジルの香りはアブラムシやニジュウヤホシテントウ等の害虫を遠ざける効果があります。また、水分をたくさん必要とする植物になため、ある程度乾いた状態を好むトマト等とはそういった意味でも相性は抜群です。
コンパニオンプランツにする場合は、強い野菜になるため他の野菜の成長を阻害しないように注意すことが必要で、摘心や早めの摘み取り等を意識します。

3.育て方(植え付けまで)

3.1 種まき

バジルの種の発芽は20℃以上の温度が必要なです。4月下旬〜5月頃の遅霜が心配ない時期が蒔き時です。土は上から被せる程度かけます。暗すぎると芽がでないことがあります。

今回、バジルは繁殖力も強いということなので直播きでなく育成ポットで育てたいと思ってます!

3.2 間引き

バジルは本葉が10枚位になれば植え替え時期になります。それまでは適切に間引きを行います。本葉が2,3枚増えた時点で葉っぱかわ触れ合わないように間引きし、8〜10枚になるころはかぶかんが20cm〜30cmほどあけるようにします。

3.3 植え付け 

株間は30cm〜45cm程度開けて植え付けます。植え付けたら水やりをし土と根が密着するようにします。

4.育て方(植え付け後)

4.1 摘心

コンパニオンプランツでバジルを育てる場合は背丈が高くならないように、こまめな摘心収穫作業が必要です。ナスより大きくらならいように調節します。最初は下の3節を残して摘心します。

4.2 収穫

一番てっぺんの葉を4枚位ハサミで切ります。切った下の脇芽から新たな葉がでてきます。肥料を施せば長い間収穫することができます。若い葉が小さくなったり黄色なったら肥料不足のサインです。

5.まとめ

今回はバジルについて調べてみました!私はナスと一緒に植える予定ですが、トマトとはさらに相性抜群みたいです。

バジルは何度か育てたことはありますが摘心や収穫の方法など知らないこともたくさんなので調べてみてよかったです!

美味しく育てばいいなー。

読んでいただきありがとうこざいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました