【2024年版】しま農研のトマトとハーブの混植栽培でのリアルタイム観察記録

当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています
菜園記録

こんにちは、しま農研です。家庭菜園を始めて早5年目を迎え、今年も再び春が訪れました。地植えとプランターを活用して、30種類以上の春夏野菜の栽培に挑戦する予定です。

しま農研では、毎年の栽培体験をリアルタイムで共有し、現在取り組んでいるトマトとハーブの混植栽培の育成過程やケア方法、直面する課題などを逐一お届けしています。混植栽培は、異なる作物を一緒に育てることで、相乗効果を生み出し、作物の健康と生産性を向上させる方法です。

この記事では、トマトとハーブの混植栽培のリアルタイムな観察記録を通じて、しま農研が得た知見をリアルタイムに更新し、共有していきます。現在同じ野菜を栽培中の方や、これから挑戦しようと考えている方にとって、実践的な参考情報を提供できればと思います。トマトは夏野菜では主役級の野菜です。ハーブと一緒に育てて更なる楽しみを感じてみませんか?

しま農研
しま農研

トマトとハーブでポタジェガーデンのような鮮やかな菜園スペースを目指します。栽培最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.混植栽培テーマと育て方

1.1 混植栽培テーマ

トマトは、その鮮やかな赤色で家庭菜園に華やかさを添える人気の野菜です。しま農研では、このトマトにハーブを混植することにより、さらに賑やかで機能的な栽培スペースを作り出すことを目指します。

今回の栽培では、ミニトマトと中玉トマトの二種類を選択しました。これらのトマトを同じ環境下で育て、それぞれの品種による成長の違いや収穫量の差を詳細に観察していきます。トマトの成長を支援し、病害虫から守るために、コンパニオンプランツとしての効果が期待されるハーブ類を併せて植えます。

バジルはトマトとの相性が非常に良く、害虫の予防や成長の促進に役立つとされています。また、チャイブやナスタチウムもトマトの成長に良い影響を与えることが知られています。

しま農研では、この混植栽培を通じて、トマトとハーブが共存する様子を共有していきます。

1.2 各々の野菜の育て方

しま農研では、トマトやハーブを含む各野菜の栽培方法に関する詳細ガイドを提供しています。これらのガイドには、植え付けから始まり、適切な水やり、剪定、収穫までの全栽培プロセスが網羅的に解説しています。

これらのガイドが、あなたが同じ野菜を栽培する時にに役立つ具体的なヒントや手順になることを目指いています。立派に育った野菜を目指し、しま農研と一緒に栽培の旅を楽しみましょう。

野菜育て方記事リンク
ミニ・中玉トマト➡地植えでの中玉・ミニトマトの育て方
ナスタチウム➡地植えでのナスタチウムの育て方
バジル➡地植えでのバジルの育て方
チャイブ作成中
ディル➡地植えでのディルの育て方

2.2024年の栽培データ

2024年のしま農研では、トマトとハーブの混植栽培の、過程で得られたデータを一覧でまとめていきます。このデータには、定植日、栽培終了日、追肥を施した回数、全栽培期間、そして収穫したそれぞれ野菜の量など、栽培における代表的な指標を記録しています。

これらのデータ、同じような条件で栽培を計画している方々が参照できるよう、具体的な数字を通じて栽培方法の改善点や、より良い栽培計画の立案に役立つことを願っています。

品種定植初収穫追肥回数撤去日収穫量栽培日数
ミニトマト5/2
中玉トマト5/2
ナスタチウム4/28
バジル4/20
チャイブ5/2
ディル4/28

3.コンセプト別観察記録

このセクションでは、2024年の混植栽培における、追肥の効果、収穫量の記録、さらには栽培中に遭遇した問題点や気づきなど、多角的な観察結果を写真と共にリアルタイムで共有します。これらの情報が、あなたの栽培に役立つことを願っています。

3.1.1 追肥観察記録

追肥は野菜栽培において重要な工程です。しま農研では、植物の状態を観察しながら最適な追肥タイミングを見極め、その効果を分析します。

品種追肥日(1回目)
ミニトマト6/8,25
中玉トマト6/8,25
ナスタチウム
バジル6/8,25
チャイブ
ディル6/6

3.1.2 収穫観察記録

収穫量は、栽培の成功度を判断するための重要な指標です。しま農研では、収穫の様子や収穫量を記録し、栽培方法の改善点を検討します。

品種収穫日収穫量
ミニトマト7/1316個
中玉トマト6/20,25,7/620個
ナスタチウム
バジル6/6,8
チャイブ
ディル6/6
7/13 収穫が安定してきました

4.月別リアルタイム観察記録

このセクションでは、しま農研が実施しているトマトとハーブの混植栽培における月別のリアルタイム観察記録について紹介します。

しま農研は、これらの作物の成長過程を細かく記録し、栽培の各段階での観察結果をリアルタイムで共有することで、あなたが自分の栽培状況と比較し、有益な情報を得られるようにしています。

今年の栽培の成功を願いつつ、しま農研も観察記録の作成を通じて学び、楽しんでいます。以下に、使用した栽培方法別の観察記録を紹介します。

4.1 菜園スペース全体

このセクションでは、しま農研のトマトとハーブの混植栽培について紹介します。これは少し狭めの株間のため冒険的な試みであり、この混植がどれほど成功するかを見るのが楽しみです。

このプロジェクトが、あなたの家庭菜園に新たなアイデアを提供し、インスピレーションとなることを願っています。

4/16 植え付け場所に石をおきました
4/28 今年トマトをサポートするハーブたち
5/3 ハーブとトマトの植え付け完了
5/11 水やりをせずにハーブのみにしました
5/18 バジルとナスタチウムとトマト
5/26 生長も順調です
6/1 ディルとトマト
6/8 だいぶもさもさしてきました
6/11 バジルとナスタチウムとトマト
支柱立て

このシーズンはトマトの栽培において放任栽培を採用し、葉の管理がしやすいようにネット支柱立てを試みました。

スクリーン式と直立式のハイブリッドな配置で支柱を設置し、トマトの樹形を整えながら、2株の重さを支える強度も同時に検証しています。この方法でトマトの成長に適した環境を提供し、効率的な収穫が可能になるかを観察していきます。

5/1 支柱を準備しました
あらかじめ組み立てておく方法で作成
インシュロックで固定
斜めに支柱をいれて補強
端を支える用の支柱
この支柱で重みに耐えれるかを検証します

4.2 ジャングルトマト:TOKITA

このシーズンのミニトマト栽培では、新たなアプローチとしてわき芽を取らずに育てる放任栽培法を採用しています。

オザキフラワーパークで見つけた「ジャングルトマト」という品種には特に惹かれました。この品種は、わき芽をそのままにしても果実が豊富につくという特性があり、通常のミニトマトとは異なる新しいタイプです。この放任栽培法での成果と、ジャングルトマトの潜在能力をフルに引き出すことに挑戦します。

5月のジャングルトマト

ミニトマトは非常に順調に成長しており、通常の剪定を行っていないため、樹形が通常とは異なる美しい姿を見せています。

この栽培方法では葉が多く茂るため、下葉の整理に特に注意が必要です。成長に応じて、わき芽と下葉の整理を適宜行い、植物の健康を保ちながら管理しています。

5/2 放任栽培用の品種を選定しました
5/2 定植しました。活着してくれるかな。
5/11 少ししっかりしてきました
5/18 今年は放置栽培します
5/26 順調に生長しています。
定植

5月2日、ジャングルトマトとチャイブを共に定植しました。この組み合わせでの相乗効果に期待して、植付け後はしっかりと水やりを行い、根の活着を助けました。

植え付け直後のトマトの葉には萎れが見られますが、今後の回復と成長の様子を注意深く観察していきます。

5/2 定植の少し前に水をあたえます
開けた穴に水やりをします
最後に支柱を立て水をたっぷりあたえます
下葉のわき芽整理

今年は放任栽培でトマトを栽培していきますが、下葉部分は通気性を考えて摘葉していきます。まだ生長過程のため葉は残しておきわき芽をとりのぞくことにしました。

5/15 下のわき芽を取り除きます
手でつみとっていきます
だいぶすっきりしました
下葉の整理

ミニトマトが順調に生長してきたため、5月21日には株の下葉を整理しました。また、下部の伸びていたわき芽も摘み取りを行いました。この作業は、植物のエネルギーを果実の成長に集中させるためです。今後は、わき芽を意図的に伸ばす計画で、それによってより多くの果実を収穫することを目指します。

5/21 だいぶもっさりしてきました
5/21 株からでてる枝や葉は取り除きます
5/21 すっきりして綺麗な形になりました

6月のジャングルトマト

6月のジャングルトマトは顕著な成長を示しています。放任栽培では管理しきれないため、適宜剪定を行いながら栽培を進めています。現在、花が非常に多くついており、これらが実になり収穫できることを期待しながら栽培を続けています。

6/1誘引して樹勢を整えました
6/8実がつきはじめました
6/15 ナスタチウムとバジルと一緒によく育っています
6/22 誘引がうまくいっています
6/29 収穫までもう少し
6/29 あまりみかけない虫が・・・
誘引

トマトの成長に伴い、誘引を適宜行いました。今回は複数のわき芽を伸ばして栽培するため、植物が十分に光合成ができるよう、また土が圧迫されないように特に注意しました。誘引は植物が支えられるようにし、健康的な成長を促進するための重要な作業です。

6/8 ネットを使って誘引
6/8 麻ひもを使ってっ誘引
6/8 麻ひもを使ってっ誘引
わき芽の整理

基本的に放任で育てているミニトマトですが、植物が密集しすぎると通気性が悪化し、病気のリスクが高まるため、適宜わき芽を摘み取ることが必要です。特に、株の下部に位置するわき芽は、栄養分の無駄遣いを防ぎ、上部の花や実へのエネルギー配分を最適化するために剪定します。

6/22 生長したわき芽。ネットもかなり混みあっているので摘み取ることにしました
根元をはさみで切り取ります
思ったより大きく生長したので水につけて発根するか実験します。
ミニトマトの葉がまいている症状

ミニトマトの葉が巻いている症状が観察されています。この症状は肥料過多や病気の可能性を示唆しています。現在、花が多く咲いており、実がつき始めると予想されるため、肥料の消費も増えることが予想されます。このため、今後の植物の動向を引き続き注意深く観察する予定です。

7月のジャングルトマト

7/6 わさわさしてきました
7/12 収穫できそうです
7/13 綺麗に実がなっています
7/13たくさん実がなってきました

4.3 中玉トマト

しま農研では、このシーズンから中玉トマトの栽培をはじめてみます。これまでのミニトマトと比較し、その成長の違いや収穫時の果実の大きさにどのような差が出るかを体験するのが楽しみです。中玉トマトは、2本仕立てで草丈を抑える方法で育てる計画です。

5月の中玉トマト

中玉トマトは定植から2週間後に実をつけ、順調な成長を続けています。この品種はミニトマトよりも一回り大きな実が特徴で、早い段階でその実を観察することができました。月の後半には、植物の健康を保つために下部のわき芽と葉の整理を行い、通気性を良くする措置を講じました。

5/2 定植しました。
5/11 活着して生長しています
5/18 さっそくつけた実が少しづつ大きくなってます
5/26 2つの枝に分かれました
下部の通気性の確保

中玉トマトが成長してきたため、通気性を向上させる目的で下部の葉とわき芽の摘み取りを行いました。この処置により、植物の下部がすっきりとし、病気のリスクを減らし、今後の健全な生長が期待できます。

6月の中玉トマト

6月の中玉トマトも顕著に成長しています。大きく成長した苗は木のような形状をしており、初めについた実は無事に収穫することができました。この初期の成功により、今後の収穫も期待できます。

6/1 順調に育っています。
6/8 中玉トマトの実がぱんぱんにじゃってます
6/15 暴れ気味ななので少し剪定と誘引しました
6/20 実が赤くなってきました
6/22 収穫後下葉を整理しました
6/29 少し枝が暴れ気味です
わき芽の発根

トマトの剪定時に、大きなわき芽を摘み取りました。このわき芽を水に浸して発根させる実験を行うことにしました。この方法は、わき芽が新たな根を発達させるかどうかを確認するためのものです。もしわき芽がうまく発根した場合、その苗を水耕栽培で育てることも検討します。

7月の中玉トマト

7/6 良い感じにして蝶しています
7/6 どんどん収穫できそうです
7/13 少し裂果がみられます
7/13 いい感じです

4.4 ナスタチウム

昨年、ナスタチウムをピーマンのコンパニオンプランツとして使用したところ、ナスタチウムの生育が旺盛すぎてピーマンの成長が阻害しているように感じたことがありました。

今年はその経験を踏まえ、ナスタチウムの生育を適切にコントロールするための方法を試みます。生長のバランスを取りながら、植物が共生できる環境を整えることに注力します。

5月のナスタチウム

ナスタチウムは綺麗な花を咲かせ食卓のサラダを彩ってくれています。生育が旺盛なため、食べる以外の花がらはなるべく摘み取らずに育てていき様子を観察しています。

4/28 定植しました。
5/11 生長が早い。ナスタチウム
5/18 ナスタチウムの花が綺麗

6月のナスタチウム

6/1 やはり旺盛なナスタチウム
6/1 マリーゴールドの種を播いてみます
6/8 ナスタチウムの種は入ってるのかな
6/15 葉が少し老化?気味でしょうか
6/20 だいぶ枯れてきました
7/6 片付けました

4.5 バジル(トッピングバジル)

今年はS&Bが発売している「トッピングバジル」という品種を栽培します。一般的なスイートバジルと比べて、葉が小さく、ドーム型に成長するため、プランター栽培にも適しています。

地植えでの栽培も行い、どのような成長を見せるかを楽しみにしています。剪定や収穫方法についても、この品種に適した最良の方法を見つけるために検証を重ねていきます。

4,5月のトッピングバジル

他の野菜やハーブと比べて早めに定植したトッピングバジルは、大きく生長しています。定植時からの成長を振り返ると、その大きさの変化が顕著に観察されます。最近では花も咲き始めたため、株を長持ちさせるために気付いたら花をこまめに摘んでいます。

4/20 定植しました
5/2 無事活着。賑やかな菜園を彩ってくれます
5/11 大きく育ってきました。形が少し崩れてきたので剪定しようかな
5/18 トッピングバジルの葉がかわいい
5/26 形が綺麗です
5/26 花がついたので摘み取りました
5/26 パックマンみたいな形に
定植

定植作業は水やりをこまめにすると根が活着しやすいため、しま農研では各工程に分けて3度の水やりを心がけています。

定植前に水やり
開けた穴にも水やりをします
4/17 最後にたっっぷり水をあたえて活着をうながします

6月のトッピングバジル

地植えの影響で、バジルはかなり大きく生長しています。特に密生していたため、6月半ばには少し強めの剪定を行い、多くの収穫を得ることができました。秋まで収穫を続けられるかどうか、引き続き栽培しながら観察していきます。

6/1 かなり大きくなりました
6/5 ちょこちょこ摘みとてってます
6/15 トマト一緒に目立ってきました
6/17 ばっさり剪定しあmしたが
6/22 もさもさしてきました
6/29 バジルはまだまだだ元気です

7月のトッピングバジル

7/6 トマトとバジルの混植
7/13 バジルはまだまだよい感じ

4.6 チャイブ

今年の家庭菜園では、チャイブをトマトのコンパニオンプランツとして選びました。前回はきゅうりと一緒に植えた際に早期に枯れてしまった経験があります。その際の枯れた原因が混植による影響なのか、それとも他の要因があるのかをこの栽培を通じて解明していきたいと思います。

5月のチャイブ

トマトのコンパニオンプランツとして、株元に植えたチャイブは今のところ順調に育っています。トマトの樹勢がこれから盛んになり、影が増えることが懸念されるため、チャイブの日照条件に注意しながら状況を見守ります。

5/2 トマトの株元で育てていきます。
5/11 活着してくれたみたいです
5/26 チャイブも順調そうです
定植

チャイブをトマトのコンパニオンプランツとして利用するために栽培します。一つの苗を四つに分けて、「恋人植え」という方法で定植しました。この方法では、互いに成長を助け合う植物を近くに植えることで、より健康な成長を促します。

5/2 近くの園芸店で購入したチャイブ
今回は株分けしてトマトと一緒に植えていきます
この植え付け方法を恋人植えというそうです

6月のチャイブ

トマトの株元に植えたチャイブは、残念ながら6月に枯れてしまいました。これは株元でチャイブを育てるのに失敗した2回目です。日照条件が不足していると、生長が阻害されることが原因のようです。トマトのコンパニオンプランツとしては機能するものの、観賞用や収穫を目的とするには適さない配置かもしれません。

6/1 今のところ順調です
6/8 日陰が増えてきました
6/15 チャイブ枯れました。株元栽培は難しいかも
アブラムシ

今年はネギ科につくネギアブラムシが例年よりたくさん発生します。チャイブにも発生したため「野菜うまし」という殺虫殺菌剤で対処しました。

6/8 ネギアブラムシが発生
野菜うましで対処してみます
6/8 かなり弱ってますが大丈夫しょうか

4.7 ディル

今年、しま農研ではディルを苗から栽培する方法を選択しました。苗からの栽培は成長が比較的安定しており、大量に栽培する必要がない場合に特におすすめです。この手法により、ディルの健康的な成長を効率的に支援できます。

5月のディル

ディルは今回はじめて育てましたが、手間としては収穫と剪定以外は、今のところあまり手間をかけなくて育てることが可能です。細い葉は雨の後などは水滴と相まって美しい姿をみせてくれます。

4/28
4/28 定植しました。
5/11 ディルもいい感じです
5/15 強風に煽られて少し倒れてしまいました
5/15 雨のひの後のディルと水滴。美しいです
5/26 順調かな
定植

ディルの定植時には、根の活着を促進するために適切な水やりが重要です。しま農研では、各定植ステップにおいて適切なタイミングで水やりを実施しています。これにより、ディルの根が新しい環境にしっかりと定着し、健康的な成長が期待できます。

4/28 2,3時間前にポットに水やりをする
植付穴にもしっかり水をあたえます。
定植後最後にたっぴりも水をあたえます。
摘心

一本の枝が特に大きく伸びていたため、摘心を行いました。また、外側に位置する古い葉も同時に取り除き、株全体の生長を促進させました。摘み取った葉は美味しくいただきました。

6月のディル

今年は初めてディルを育てたものの、6月に枯れてしまいました。もう少し長く楽しめると期待していたので、結果には残念な思いです。しかし、採れたてのディルの香りが非常に良かったため、再び挑戦したいと感じています。来年に向けて、再栽培の計画を立てています。

6/8 支柱を用意して誘引しました
ちょこちょこ収穫しています
6/15 枯れてしいまいました
6/15 撤去しました
ディルの花芽摘み

ディルの花も魅力的ですが、花が咲くと植物の生長が阻害されることがあります。そのため、今回は花芽を摘むことにしました。摘んだ花芽は食用にもなるので、サラダに加えて楽しみました。

6/1 花芽がたくさんついています
蕾も可愛いので花も見てみたい気もします
今回は摘み取ることにしました
跡地にマリーゴールド

ディルが思ったより早く枯れてしまったため、その跡地にマリーゴールドの種を播種することにしました。マリーゴールドは、その生育力と花の美しさで知られており、土壌の健康を助ける効果も期待されています。この新しい播種がうまく芽を出すかどうかを観察していく予定です。

6/15 花摘みしたマリーゴールド
この中に種が詰まっています
わりと雑に種を播いて芽がでるのを待ってみます
6/22 芽がでてきました

4.8 サルビア

7月のサルビア

7/6 定植しました
7/13 活着どうかな
サルビアの定植

5.まとめ

この記事を通して、しま農研における2024年の混植栽培のリアルタイム観察記録を共有しています。これらの野菜を成長過程、追肥や収穫の様子、さらには栽培中に直面した課題や成功体験など、様々な角度からの情報をお届けする予定です。

この記事はリアルタイムの栽培を通じて完成させていくため栽培終了まで更新を続けていきますので定期的にチェックしていただくことで最新の情報を入手することができます。しま農研の観察記録が、あなたの栽培における対策や具体的なアイデアやヒントを得るきっかけになれば幸いです。

しま農研では、他の野菜についても同じようなリアルタイム観察記録の記事を作成しています。これらの観察記録を通じて、栽培の知識と経験を深めるとともに、家庭菜園愛好家の方にとっても有益な情報を提供できることを目指しています。この記事は、しま農研が観察している野菜のまとめ記事になります。よろしければこちらの記事も参考にしてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました