【家庭菜園】プランター栽培のメリットとプランターの選び方

野菜の育て方

最初から気楽にはじめられるプランター栽培。家庭菜園はスペースも限定されるので、プランター栽培をいかにうまくやっていくのかも大事になります。私も菜園はプランターからはじめました。
メリットやデメリット、プランターの選び方のポイントを知り、野菜に合ったプランターを選べることもプランター栽培を成功させるコツです。プランターをうまく使って色んな野菜を育ててみてください。

1.プランター栽培のメリットとデメリット

こんな方におススメ

・プランター栽培のメリットとデメリットを知りたい

1.1 プランター栽培のメリット

1.1.1 場所を選ばない

地植えは庭にそれなりに大きなスペースがないとできませんがプランターは少しのスペースや下がコンクリートのような駐車スペースでも育てることができます。(日当たりや風通し等は野菜達にある程度合わせてあげてください)

1.1.2 管理が楽

地植えするには畝立てや土作り等、プランター栽培より少し作業が増えます。プランター栽培ですと、野菜の育てる事ににある程度集中できますので、管理は少し楽になります。

1.1.3 土作りが楽

上記とかぶりますが、家庭菜園の土をそのまま使って育てることができるので土作りに余計な心配がいりせん。うまく育たない時に土が問題かを考えなくてすむのは、心配ごとが1つ減るのでメリットになります。はまってくると土作りに興味がでてきますが、そこはプランターでも追求することはできます。基本的に土はリサイクルできますので新たに買う必要はありません。

1.1.4 移動ができる

日当たりは季節によって変わりますし、模様替えや、少しスペース作りたいタイミングもあるかもしれません。プランターですと移動することもできます。

1.2 プランター栽培のデメリット

1.2.1 土が乾きやすい

プランターは土の部分が少ないため、土の乾きが早くなってしまいます。土の乾きが早いというのは水やりの回数は地植えよりはたくさん必要になります。

1.2.2 根の伸びる場所が限られる

地植えでの栽培では、肥料や水分、酸素を求めて、根っこが自由に伸び出しますが、プランター栽培の場合は、その範囲が狭いため、その中で伸びることしかできません。地植えに比べると比較的成長は小さいです。

2.栽培するプランターの選び方のポイント

こんな方におススメ

・プランターを選ぶ時の基準を知りたい

2.1 プランターを根の深さで選ぶ

野菜は目にみえない根っこの部分がとても大事です。根が深い野菜については深型タイプ(深さ30cm以上)を選び、浅い野菜については標準タイプや小型タイプを選定します。栽培期間の長かったり大きく育つ野菜は深型でさらに大型のものを選ぶとよいでしょう。

深型タイプ標準タイプ
ナス紫蘇
トマトサンチュ
きゅうり小松菜
ズッキニーバジル
ダイコンルコッラ

2.2 野菜の育てやすさでプランターを選ぶ

ホームセンターや園芸店て売っている野菜用のプランターは、通気性や排水性が高いものが多く根腐れもしにくい作りになってます。

2.3 庭に合ったおしゃれさでプランターを選ぶ

庭やベランダに置くならかわいいものを選びたい!というののもいいと思います。野菜の大きさに合ったサイズなら、鉢底の通風や排水性を工夫すれば育てるのは難しくありません。

3.まとめ

プランター栽培も突き詰めると色々合っておもしろいです。最初はあまり深く考えずホームセンターで園芸用の買うだけでもうまくいくと思います。

そして、プランターを選んだら次はどの野菜にするか悩むところではないでしょうか。プランターでも育てやすい野菜とそうでない野菜もあります。こちらにプランターで育てるおすすめ野菜を紹介していますので参考にしてみてください。

読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました