【庭作り】庭に家庭菜園スペースを作る時の効率的な土の整備方法

家庭菜園のできる庭作り

新たに菜園スペースを作りたい!と思いった時に最初に迷うのは菜園スペースの土作りをどうしてよいか悩むところではないでしょうか。
建売等の普通の庭は土が家庭菜園に向けて作られていないため、土の中に石やコンクリートの塊がごろごろとでてきて野菜を育てるにはなかなか厳しい環境になっている場合が多いです。
我が家も環境が悪く悪戦苦闘や予想外のことが多く、初めから知っていれば。。てこともというのもかなりありました。
この記事では、私が経験をしたことを含めて効率的な作業方法を書いていますので、参考にしていただき少しでも効率的に菜園スペース作りにお役立てください。

1.庭を整備するのに使うおすすめ道具

庭を整備するために道具を揃える必要があります。足りないなと思って、ホームセンターを行き来きした私ですが、とりあえずこれがあれば大丈夫という道具をまとめてみました。

土づくりに必要な道具一式
役割選定する基準
シャベル土を掘る硬い土を掘れるものがよい
ふるい石を取り除く市販のもの。粗めがあるもの
土を砕く頑丈なので唐鍬がおススメ
ブルーシート土を乾かす庭のスペースに合ったもの
土嚢袋石をいれる重いものをいれも破れにくいもの
堆肥土壌改良植物性の堆肥
手袋手が汚れない園芸用の手袋
メジャースペースを図る菜園スペースが図れる長さ
ペグ等印をつける分かればどんなものでもよい
ポイント

庭の整備は長い期間の作業になりますので道具はまとめて揃えるのがおススメ!

2.家庭菜園スペースを検討する。

菜園スペースを検討します。大きさはそれぞれ庭に合ったスペースで、予定している菜園スペースより一回り位大きめに掘ります。掘る予定のスペースには何か印をつけておくとその後の作業がしやすいです。
迷ったのは深さなのですが、根の張るスペースを考え、畝わレイズベッドの高さも考慮にいれて掘っていくのがよいと思います。
今回、深さ30cm、大きさ1.8m×0.9mの畳1畳分を2箇所の1坪の菜園スペースを作っていきます。

ポイント

作業スペースも考えて大きさを決めていくのがおススメ

3.庭の土を掘る

表面が硬い場合はシャベルの剣先で削っていったり、鍬等を使って柔らかくします。シャベルが入っていくようになれば、下の方はそこまで固くありません。次は大きな石との戦いになりますが、土を剥がす感覚で掘っていくと固まった土や石をを一気に取り除くことができます。
掘った土は底の方は水分を含んでいるため、予めブルーシート等をひいておき、乾かしやすいようにしておきます。小石を取り除く作業時に乾いた土の方が圧倒的に作業効率がよいです。なるべく薄めにひいておくと土は乾きやすくなります。
目標の深さまでいきましたら一度鍬をいれて耕します。耕した時に目にみえる大きい石を取り除いておくと深さがかせげます。

作業時間は1人でやって1日半〜2日くらいかかりました。

ポイント

1.土を掘る時は剥がす感覚で
2.土を乾かすための工夫をする
3.最下層は鍬で耕し大きな石は取り除く

4.庭から出た土から石を取り除く

次に石を取り除く作業です。まずは土を乾かした状態で作業することをおすすめします。水分を含んだ土は、重たく砕きにくいため時間がかかってしまいます。また、大きな土の塊は予め鍬等で砕いておくと乾燥も早いですし、砕く手間も省けるのでおススメです。
こちらは、好みでいいと思いますが、ふるいにかけた石を取り除く際、1cm以上の石とそれ以下の小石を分けて土嚢袋にいれます。1cm以下の小石と砕きれない土の塊が混ざってしまうためです。土嚢袋があまり増えても処理に困るため、私の場合は2箇所目の底に1cm以下の小石は混ぜ込みました。暗渠ぽくなって排水対策としても期待しています。
1坪で土嚢袋9袋に大きな石もたくさんでてきました。思った以上に多かったので大体5~7日かかりました。

ポイント

1.土が乾いてからふるい作業すと楽
2.大きな塊は予め砕いておく

5.粘土質の土を壌改良するため堆肥を入れる

ふるいにかけた土はかなり細かく砕かれてしまうため、粘土質な我が家の土も砂質ぽくなってしまい、また細かく砕きすぎた分、コンクリートのような固まり方をしてしまうのではないかという不安がありました。
そこで、今回は堆肥を少しづつ混ぜ込むことで回避してみることにしました。私の自治体では、剪定枝堆肥がかなり安価で手にいれることができたためこちらを使用しました。土壌改良が目的のため植物性の堆肥をいれることをおススメします。

6.改良した土の状態を確認する

作業が完了したら土の状態を確認します。土質のチェック、水はけのチェック、酸度チェックの3つのチェックをします。

6.1 土質のチェック方法

植物は硬い土より柔らかい土の方がよく育ちます。この土の硬さは砂と粘土の割合や土の構造で決まるります。まずは自分の土がどんな土かチェックしてみます。
適当に水分のある部分(手に湿り気を感じるくらいの状態)を一つかみ取り固く握りしめてみます。もし固まらないようであれば砂の割合が多い土。固まった土を指先で軽く押すともろく砕ける土は団粒も発達したいい土。指先で押したくらいでは砕けずへこむ場合は粘土質で単粒構造の土になります。

6.2 水はけチェック方法

水はけのよい土とは、土の中に大きな隙間が多く、さらにそのふかふかした層が厚い土です。雨などで水分が余分にある場合にも大きな隙間を利用して、余分な水分を下方へ移動させます。
20~30ミリの雨の後、1~2日で土を掘っても土がほぐれるようであれば、水はけ良好の土です。2~4日しても掘り上げた土がねばねばしているようであれば水はけの悪い土ともいえます。

6.3 酸度チェック法

野菜にはそれぞれ適正な酸度がありますし、日本の土壌は酸度に傾く傾向にあります。そこで石灰等で改良を行いますが測定方法はpH試薬液、pH試薬紙、酸度計を使う方法等色々あります。私の方は酸度計を使いました。結果pH6.5でした。

7.まとめ

2月前半から菜園スペースの整備作業、完了するまで3月いっぱいかかったので2ヶ月位かかりました。ここからレイズベッドを仕上げて5月の植え付けまでにはなんとか間に合いました。
庭づくりは色々やることがあって楽しいですね。まとめ記事がありますのでよければチェックしてみてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました