家庭菜園のできる家探し。庭の大きさ、日当たりについて考える。

庭作り

家を購入を考えている方で家庭菜園をやりたい方は、どんな風に家を探すか悩むところではないでしょうか。私も実際に家探しをする時にかなり頭を悩ませました。一番考えたのは土地の広さや日当たり等でした。
今回は、私自身の経験を元に気をつけたことや使ったアプリ等を紹介します。家は大きな買い物です。参考程度にみていただけるとありがたいです。

こんな方は参考にしてください

・家庭菜園のできる家を探したい

家庭菜園は趣味になると思います。他にも様々な優先事項があると思いますので家族の意見を第一に選んでくださいね。

1.家庭菜園ができる戸建の土地の広さ

広ければ広いほどいいのですが、予算や優先順位もありますので土地の広さだけを重視できません。そんな中、私は検索項目で土地が130平米以上を基準に家を探していました。

130平米以上だと駐車場抜いても少し庭のスペースをとっている家が多いです。庭は人によっては管理の手間が発生することを嫌う場合もありますので、そもそもない家もたくさんあります。

プランター菜園を考えるとルーフバルコニーや屋上バルコニーがあるかとかも見てみたりしてました。

2.家庭菜園ができる戸建の日当り

植物は光合成をおこないますので日当りは大事。家を探して初めて知ったのですが南向きの方が1番日が差すということ。庭が北向きにあると日が差しにくいということになります。

近くにある建物も影になりますのでこの辺りも注意しなくてはなりません。家を探していてなるほどと思ったのは家の裏に庭があるのは、隣接している建物の影が家に入ってこないために設計されてる事が多かったです。要は庭には影が入ることを前提で建てられてることが多いです。

住宅街なんかで家を探している場合は畑のような抜群の日当りの場所は少ないかもしれません。
実際に私の家での日当たりを調査してみましたのでもしよければこちらの記事を参考にしてみてください。

3.おすすめソフト

3.1 日当たり君

最初日当たりについての感覚もよく分からなかったので、シミュレーションソフトを使って感覚を養いました。

個人的にはこの【日当たり君】がとても使いやすかったです。季節ごとの太陽の動きもシミュレーションしてくれますので、冬と夏の陽射しの差とかも想定することができるのもとてもオススメです!

どこまで正確かは実際住んでみないと分からないとこですし、データを細かくいれるかによっても変わってくると思います。色んなソフトを使ってみて合うものを探してみるのもいいかもしれません。

私はこちらを使わせていただきました!

3.2 Home Design 3D

いよいよいい感じの家が見つかりましたら実際間取りを組んでみるのもいいかもしれません。私は【Home Design 3D】を使っています。土地を組んだ後、家を建てれますので実際の庭が何平米くらいあるかが分かります。

引っ越しのたびにこのアプリ使っていますが、家族への提案もしやすいですし、部屋に家具がおけるかとをシミュレーションするにもめちゃくちゃ使えます。引っ越したら思ったような配置で棚が並ばないとか悲しいですしね。

毎回お世話になっています。

4.おわりに

今回は家探しについて書いてみました。家は一生の買い物になりますので、家族との相談も大事です。家族の意見をきっちり聞く事を重視しました。なんだかんだ普段の生活が豊かであるのが一番です。

家庭菜園は趣味になりますので、色々縛りのあるなかで楽しむのもありかなて思います。私の場合はたまたま想定より大きな庭になりましたが承認してくれた家族に感謝しつつちょこちょこやっていこうと思います。

実際にはじめた初年度の家庭菜園は庭改造、土作りからでした。よろしかったら参考にしてみてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました