【家庭菜園】最初は何からはじめる?しま農研おすすめ春夏野菜の栽培方法や準備のまとめ

野菜の育て方

家庭菜園やってみたいけど何から初めていいか分からない、去年やってみたけど失敗してしまった。さて、調べようと思うと一度に色んな情報を入手すると何をやっていいか分からなくなりますよね。私も先人の方の知識を学ぶべく色んな本やYouThbeを見たり、家庭菜園をやっている人から話を聞いたり毎年色々試していますが最初から知っていればてことも多々あります。

失敗も楽しむのが一番な家庭菜園ですが、しま農研なりに少し項目に分けて調べやすいように記事をまとめてみました。野菜が一番育てやすい季節の春夏野菜を育てる方法や育てる前の準備の記事を中心にまとめています。この記事を見てくただければある程度野菜を育てることができると思います。これから家庭菜園をはじめたいという方や、今年新しい野菜に挑戦したい方は参考にしてください。

こんな時に参考にしてください

・春夏野菜を育てたいけど何から初めていいか分からない。
・去年と違った栽培方法を試したい。

1.栽培したい春夏野菜を選定する、育て方を知る

まずは育てたい野菜を、想像していくとその後の準備もモチベーションもあがりおすすめです。そこでしま農研で栽培するのにおすすめの春夏野菜をセレクトしていきました。
地植えとプランターではセレクトする野菜や育て方も違うのでカテゴリーを分けてみました。あなたが今年、育ててみたい野菜に出会えたら嬉しいです。

1.1 地植えで育てる春夏野菜のおススメ野菜と栽培方法

地植えで育てるのに適したしま農研おすすめの春夏野菜と栽培方法をこちらの記事にまとめています。私が実際に育てたことのある野菜を中心に記事にしていますので参考にしてみてください。

こちらをセレクトしてます

ナス、ズッキーニ、エダマメ、バターナッツかぼちゃ、落花生、バジル、ニラ、ナスタチウム、マリーゴールド、ローズマリー、タイム

1.2 プランターで育てる春夏野菜のお野菜と栽培方法

庭で家庭菜園をする場合はプランターが主役ではないでしょうか。プランターで育てるのに適したしま農研おすすめの春夏野菜と栽培方法をこちらの記事にまとめています。私が実際に育てたことのある野菜を中心に紹介していますので参考にしてください。

こちらをセレクトしてます

きゅうり、ミニトマト、ししとう、オクラ、大玉トマト、食用ほうずき、しそ、花オクラ

2.春夏野菜のおすすめ購入場所と方法

2.1 春夏野菜の苗や種のおすすめ購入場所

育てたい野菜が決まったけど、苗とどこで買っていますか。私も、その苗に合った色んな場所で購入しています。私の住んでいる関東には大型の園芸センターがたくさんあります。園芸店に行ってみると育てたい野菜やアイデアがたくさんもらえ見て歩くだけでも楽しいので、苗がたくさんでる時期には行ってみるのもおススメです。
こちらの記事では関東のおススメ園芸店やその他にも苗や種の購入場所についてまとめています。

こんな方におすすめ

・苗や種を買う場所や方法を知りたい
・関東の大型園芸店のおススメを知りたい
・関東の大きな街にある園芸店のおススメを知りたい

3.春夏野菜のおすすめコンパニオンプランツ

庭等の限られたスペースで野菜を育てる場合、育てることができる野菜の品種はどうしても限定されてしまいます。そんな方におススメなのがコンパニオンプランツを利用した栽培です。収穫量も限定できますし家族にあった分量を収穫することも可能です。

こんな方におススメ

・コンパニオンプランツの組み合わせの理由を知りたい
・春夏野菜のコンパニオンプランツを知って収穫品種を知りたい。
・ナスと相性のいいコンパニオンプランツの作付け例を知りたい。

3.1 春夏野菜の相性がいいコンパニオンプランツ

相性がいいといっても、相性のよさの理由は様々あります。害虫を寄せつけない効果がある組み合わせ、生育を助けてくれる組み合わせ等組み合わせる理由を知っておくと育てている時の参考になります。この記事ではそんな組み合わせの種類やバジルやニラ等春夏野菜に相性のいいコンパニオンプランツを例に紹介しています。

3.2 ナスと相性のいいコンパニオンプランツの作付け例

コンパニオンプランツについては無限大に組み合わせがありますが、我が家でも採用していコンパニオンプランツの作付けを記事にしています。こちらの方法のメリットは生育のよさもいいですが、収穫量を分散できる形になります。バジル等は2株でも多いくらいでした。ナスでコンパニオンプランツ挑戦してみようて方は参考にしてください。

こんな方におススメ

・ナスと一緒に育てる野菜を知りたい
・色んな野菜を育てたいけど何を植えてよいか分からない

4.春夏野菜の土作り

野菜作りの基本にして一番大事な作業土作り。初心者の方は園芸店やホームセンターで売られている土を使うのが一番ですが、ハマりだすと色んなことを試してみたくなります。

4.1 土作りの基本作業と土壌改良

土づくりを自分ではじめようと思うと、色んな言葉や作業があります。基本的な土作り作業から自分の土にあった土壌改良等こちらの記事では土作りの基本作業としての記事をまとめています。

こんな方におススメ

・これから土作りをはじめたいけど何から初めていいか分からない

5.春夏野菜の作付け計画

園芸店に行ってついつい買いすぎてしまって植えるスペースがなかったりすることあったりしませんか。衝動買いも大事ですが作付け計画を立てているとそういうことも少なくなります。この記事では作付け計画で意識することや作付け例等をまとめています。

6.春夏野菜における追肥作業のやり方

苗が育ってくるとほとんどの野菜に共通する追肥作業。元気がないと、栄養が足りないのではとすぐに追肥して栄養過多になってしまうのも家庭菜園のあるあるです。適切な追肥をして美味しい野菜をたくさん育てましょう。

7.春夏野菜における日当たり

自分の菜園スペースの日当たりを調べると結構日当たり悪かった。野菜育てられないとがっかりした人もいるかもしれません。
シソ等あまり日が当たらない方が美味しく育つ野菜もありますし、条件によっては多少日当たりが悪くても陽性植物も育てられるものです。実際、最大4時間しか日の当たらないスぺースでもナスは立派に育ってくれました。我が家の庭での日当たりと野菜の育成を検証して記事にしてみましたので参考にしてみてください。

8.しま農研の春夏野菜の観察場

しま農研では春夏野菜の観察場としてリアルタイムで生育具合や作業等の写真をまとめています。2022年も30品目ほどの野菜を育てました。色んな野菜がどのくらいの期間で実がなるのか?とか枯れたもお失敗したのも載せてますので参考になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました