【家庭菜園】初心者でも簡単!たくさん収穫できるズッキーニの育て方

育て方

焼いたり、煮たりしたホクホクのズッキーニ。ズッキーニて育てるの難しそうと思っている方も多いのではないでしょうか。
授粉作業が少し大変ですが、近くで育てれる家庭菜園ですとその難易度が下がります。授粉できなかったズッキニーも美味しく食べることができるので、全部授粉作業しなくてはいけないと焦る必要もありません。
またスペースをとってしまうズッキーニですが、支柱の仕立て方を工夫すればその辺りも少し解消することができます。
ナスやトマト等の夏野菜と比べて収穫時期が早いので、本格的な夏野菜の収穫時期の前に楽しめるのもズッキーニの魅力の1つで初心者の方にもおススメの夏野菜です。

ズッキーニおすすめポイント

・ナスやトマトより収穫時期が早く楽しめる。
・たくさん実がなり、未授粉でも食べれる。
・比較的手間をかけずに育てることができる。

1.ズッキーニについて

南アメリカやメキシコが原産地で16世紀頃ヨーロッパで栽培がはじまったと言われています。ズッキーニはかぼちゃの仲間で、温暖で乾燥を好み一般的には夏の暑さにはやや弱いそうです。
イタリア語で「小さなかぼちゃ」の意味があり、ツルが伸びないことから「ツルなしかぼちゃ」ともいわれています。

名称ズッキーニ
原産地南アメリカ/メキシコ
分類ウリ科かぼちゃ属
発芽温度25~30℃
生育適温20~28℃
株間60cm
畝幅90cm
pHpH6.0~6.5
収穫まで約1ヶ月

2.家庭菜園におけるズッキーニの育て方

今年(2022年)の我が家で育てているズッキーニの育て方にそって地植えでのズッキーニの育て方を記事にしていきます。
今年はこのやり方で5/3定植から8月現在もまだ枯れずに育っています。収穫量は未着果も多いのですが30本程育てることができました。よろしければ参考にしてみてください。

2.1ズッキーニの定植時期と株間

種まきをする場合は3月終わりから4月初旬にかけて行い、5月上旬に定植すれば6月頃に収穫することができます。
ズッキーニは大きく横に広がりますので株間は大きめに90cm〜100cmとります。

2022/5/3定植
定植から40日後。横に広がるので株間は大きめにとる

2.2 ズッキーニの定植

定植する際のよい苗の選び方は、「子葉がしっかりついてること」「茎がしっかりして節間が短いもの」「本葉が3.4枚ついている」「病気にかかって葉が薄くなっていない」等があります。

2.3 ズッキーニの人工授粉

蜂や蝶が花粉を運んでくれるので、そのまま自然に身を任せるのもよいのですが、家庭菜園で1株2株くらいですとあまり授粉がうまくいきません。人工授粉をおこなうと身になる確率が高くなります。

2.3.1 ズッキーニの人工授粉の手順

雌花は早朝しか咲かないため遅くても朝9時~10時までには作業をしなくてはなりません。なるべくその日に咲いた雄花をとって綿棒やふで等を使って授粉させます。
花が多少閉じていても少し開けて授粉してあげれば、成功する時もあるので早起きできなかった方は試してみるのもよいかと思います。

雄花の花粉を綿棒等で採取する
採取した花粉を雌花につけて授粉させる

2.4 ズッキーニの雌花と雄花が同時に咲かない

1株で育てていると雌花ばかり咲いて、雄花が咲かずに授粉作業ができない時が多々あります。その場合にはトマトーンを散布することで実を大きくすることがきます。
トマトーンはトマトやナスに有効な植物成長調整剤で、外部から合成オーキシンを与えることで、着果・果実肥大を促進させる薬剤です。ズッキーニにも効果のあります。

トマトーンを使用したズッキーニ。十分大きくなりますので雄花が咲かない場合には試してみるのもアリです。

2.5 ズッキーニの収穫

ズッキーニは20cm以下、開花後5~7日が収穫適時です。雌花をつけたまま収穫したとのを花ズッキーニといい花弁と幼果のほんのりした甘さが特徴です。
また、雨の日に収穫すると軟腐病にかかりやすいと言われているのでなるべく晴れた日に収穫します。

スーパーでもあまり売っていない花ズッキーニもおススメです。

2.6 ズッキーニの摘葉

下葉を残しておくと風通しも悪くなり病気の原因にもなります。
収穫が終わった場所の下葉については取り除きます。葉が直角より下になった時をかき取ってもよいタイミングになります。ただ、支柱を立てる前は葉が茎を支えてる時もありますので気をつけてください。
また、一気にかき取りすぎると弱りますので、取りすぎないように気をつけます。

摘葉のポイント

実を採り終わった場所より下をかき取る
葉が直角より下になったらかき取る

2.7 ズッキーニの支柱立て

ズッキーニを長く栽培するには、支柱を立てていくことをおススメします。やり方については色々あるのですが、私はある程度大きくなった後に支柱を立てて、茎にくくりつけて垂直に仕立てていく方法をとっています。
ズッキーニは成長点が折れますと復帰できませんので、強風対策として支柱立て作業は重要です。私はこの方法でやっておりますが、とにかく茎を守ることをイメージして色んなやり方をチャレンジしてみてください。

支柱を立てて茎にくくりつける。私は2本支柱を立てています。
定植から3ヶ月。こんな感じになります。

2.8 ズッキーニの追肥と水やり

ズッキーニの追肥は半月に1度。ズッキーニは浅く広く根が広がりますので葉の先の下側に追肥しますと先端部分に栄養を与えることができます。水やりは表面が乾きましたらたっぷり水やりをしましょう。

2.9 ズッキーニのうどん粉病対策

ウリ科はうどん粉病にかかる確率が高いです。細かな摘葉をおこなうことで広がることを回避することもできます。あまりにひどい場合はダニコール等の薬剤に頼るのもいいと思います。
ズッキニーの葉は、うどん粉病の症状と似た模様ですので勘違いしないように注意してください。

うどん粉病にかかった葉を早めにかき取る事で今回は回避できました。


4.ズッキーニのコンパニオンプランツ

家庭菜園で地植えするのであればあますことなくスペースを使いたいという気持ちはありますよね。私はコンパニオンプランツを色々試しています。今年はズッキーニのコンパニオンプランツとしてエダマメとマリーゴールドを混植しました。わりとうまくいきましたので、一緒に育ててみると楽しいかもしれません。
エダマメやマリーゴールドの育て方やコンパニオンプランツについてはこちらの記事をご参照ください。

3.しま農研の観察結果

今年のズッキーニはそろそろ終了になりますので、しま農研で今年のズッキーニの観察結果をまとめました。まだまだ、工夫する余地もありますので来年もできれば挑戦したいと思います。よろしければこちらの記事を参考にしてください。

4.まとめ

今回はズッキーニの育て方について記事にしました。授粉をするのは少し手間になりますが、育てるのが面白い野菜です。色んな料理にも活躍するズッキーニは夏野菜を育てる時に是非挑戦してみてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました