【2024年版】しま農研の袋やプランターでのじゃがいも栽培のリアルタイム観察記録

当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています
菜園記録

こんにちは、しま農研からのご挨拶です!家庭菜園を始めて5年が経ち、再び春が訪れました。今シーズンは、地植えとプランターを駆使し、30種類以上の春夏野菜に挑戦する予定です。

毎年恒例となったしま農研の栽培体験の共有では、しま農研が現在取り組んでいる野菜の育成過程、ケア方法、直面している課題などをリアルタイムであなたにお届けします。

今年は、昨年と同様にポテトバッグを用いたじゃがいも栽培を続けると同時に、新たな挑戦として不織布プランターの使用をなどを予定しています。これは昨年の土を再利用し、じゃがいもを育てる試みです。

この記事では、これらのじゃがいも栽培法を通じて得られた知見を、詳細な観察記録としてリアルタイムで更新し、共有していきます。じゃがいも栽培を現在している、これからしようと考えているあなたの参考になる情報を提供できれば幸いです。

しま農研
しま農研

今年もじゃがいも栽培チャレンジします!じゃがいもは混植に向かないのでプランターや袋栽培の技術を磨きたいところです。

スポンサーリンク

1.じゃがいもの栽培方法

しま農研では、ポテトバッグを活用したじゃがいも栽培の詳細な手順を紹介するガイド記事をご提供しています。この記事は、じゃがいもの植え付けから始まり、適切な水やり方法、そして最終的な収穫に至るまでの栽培プロセス全体を網羅的に解説しています。

しま農研ではこの記事を基にじゃがいもの成長を観察し、年間を通じて得られた新たな知見や経験を記事に反映しています。実際の栽培する際にはぜひ参考にしてください。あなたがじゃがいも栽培をする際において役立つヒントがあることを願っています!

2.2024年じゃがいも栽培データ

2024年のしま農研では、ポテトバックやプランターを利用してじゃがいもを栽培し、その過程で得られたデータを一覧でまとめていきます。このデータには、定植日、栽培終了日、追肥を施した回数、全栽培期間、そして収穫したじゃがいもの量など、栽培における代表的な指標を記録しています。

これらのデータ、同じような条件で栽培を計画している方々が参照できるよう、具体的な数字を通じて栽培方法の改善点や、より良い栽培計画の立案に役立つことを願っています。

品種プランター植付収穫追肥回数撤去日収穫量栽培日数
メイクイーンポテトバック3/33/31
メイクイーン不織布プランター3/34/14
メイクイーン横550型プランター3/33/31

3.2024年じゃがいものコンセプト別観察記録

このセクションでは、2024年のじゃがいも栽培における様々な環境下での生長比較、追肥の効果、収穫量の記録、さらには栽培中に遭遇した問題点や気づきなど、多角的な観察結果を写真と共にリアルタイムで共有します。これらの情報が、あなたのじゃがいも栽培に役立つことを願っています。

3.1.1 比較観察記録

しま農研では、ポテトバッグや不織布プランターなど、異なる栽培環境でじゃがいもを育て、その成長の違いを観察しています。異なる栽培条件がじゃがいもの生長にどのような影響を与えるのかを検証します。

3/3 今回はこの3種類で挑戦

3.1.2 追肥観察記録

追肥はじゃがいも栽培において重要な工程です。しま農研では、植物の状態を観察しながら最適な追肥タイミングを見極め、その効果を分析します。

品種プランター追肥日(1回目)追肥量
メイクイーンポテトバック
メイクイーン不織布プランター
メイクイーン横550型プランター

3.1.3 収穫観察記録

収穫量は、栽培の成功度を判断するための重要な指標です。しま農研では、収穫の様子や収穫量を記録し、栽培方法の改善点を検討します。

品種プランター収穫量
メイクイーンポテトバック
メイクイーン不織布プランター
メイクイーン横550型プランター

3.1.4 浴光育芽の様子

じゃがいもの植え付け前に日光にさらして芽を出させる「浴光育芽」は、生育を安定させるための重要な手法です。このセクションでは、浴光育芽による芽の成長過程を詳細に観察します。

2/17 今年はメークインでチャレンジ
2/17 購入した時から芽がでている状態でした
2/17
3/3 芽出し2週間。芽がでてきました
3/3 芽出し作業は終了です
3/3 種イモの大きさが様々

3.1.5 リサイクル材を使ったじゃがいも栽培

しま農研では、昨年使用した土にリサイクル材を加えてじゃがいもを育てる試みを行いました。このセクションでは、そのプロセスと成長の様子を追跡し、再生土の有効性を検証します。

土のリサイクルの様子

去年のポテトバッグとバケツで使用した土を取っておいたため、今回はこの土をリサイクルしています。保管していた土は合計で36リットル(12リットル×3)。今回使用したリサイクル材は、ポテトバッグと同じメーカーのプロトリーフが提供する、コーヒー豆のかすを活用したリサイクル材です。5リットルを全量使用しました。

このリサイクル材を用いて育てたプランターでのじゃがいもの詳しい生長過程は、次の章の月別リアルタイム観察記録で追跡します。最終的に収穫し、この実験の結果を検証していきます。

3/3 今回はじめて利用します。
3/3 15~20%混ぜ込むのが適切な量
3/3 香りがよい感じです!
3/3 去年、じゃがいもを育てた土を使います
3/3 最後、混ぜ込んで準備完了です。

3.1.6 窓付き不織布プランター植え付け位

しま農研では窓付き不織布プランターでのじゃがいも栽培を実施します。窓から土の中の様子を観察するには植え付け位置がポイントです。どの位置に植え付けるとよいかを今回の栽培で観察しながら検証していきます。

3/3 なるべく窓の近めに植え付けました

3.1.7 種イモの大きさ

植え付けにおける種イモの大きさを理解することは非常に重要です。適切な大きさは品種や栽培者によって異なりますが、一般的には40~60gとされることが多いです。しま農研では、この大きさを具体的にイメージするのが難しかったため、じゃがいもの大きさについて記録を取ることにしました。

40gとは、購入した種イモの中でも最も小さいもので、意外にも小さめであるというのがしま農研の印象でした。今年は時間が限られていたため、70g以下の種イモを選定し、植え付けてみることにしました。

4.じゃがいもの月別リアルタイム観察記録

しま農研では、じゃがいもの栽培を様々な方法で実施しており、その成長過程を月別に詳細に記録しています。このセクションでは、ポテトバッグ、不織布プランター、そして通常のプランターを使用した栽培の様子をリアルタイムで共有し、あなたが自身のじゃがいも栽培と比較する際の参考情報を提供します。

今年の栽培の成功を願いつつ、しま農研も観察記録の作成を通じて学び、楽しんでいます。以下に、使用した栽培方法別の観察記録を紹介します。

4.1 ポテトバック

3月

去年に引き続き、ポテトバッグでのじゃがいも栽培をしています。去年よりも芽の伸びが良かったのは、芽出し作業がうまくいったの効果かもしれません。芽が1週間ほど早く出てきました。

品種は去年の「ぽろしり」ではなく、今年は「メークイン」にチャレンジしています。

3/3 植え付けました
3/3 植え付け後にたっぷり水やり。
3/10 変化はりません。
3/17 まだ変化なし
3/24 植え付けから3週間まだ変化なし
3/31 芽がでました

4月

4/6 一週間でかなり伸びました
4/14 1週間でかなり大きくなりました

4.2 不織布プランター

3月

不織布プランターでの栽培に苦戦しています。まだ芽が出ていません。深めのプランターを使用する場合、増し土の方法を採用するのが良かったかもしれません。

今回はその方法を採用していないのですが、状況を見て、情報を更新していきます。

3/3 植え付け完了。少し端にしました
3/10 今のところ変化ありません
3/17 まだ芽はでてきません
3/24 植え付けから3週間まだ変化なし
3/31 まだ変化はありません。

4月

4/6 まだ変化はみられません
4/14 やっと芽がでてきました!

4.3 横550型プランター

3月

広々としたスペースで栽培するため、大型の550型プランターを選択しました。多くの芽が出てきており、今のところ順調に育っているため安心しています。

芽かき作業については、植物の成長を見守りながら、必要に応じて実施するかを判断していきます。

3/3 植え付け完了
3/10 変化はありません。
3/17 まだ芽はでてきません
3/24 植え付けから3週間まだ変化なし
3/27 土に盛り上がりが
3/31 ついに芽がでました

4月

4/6 芽がたくさんでてきました
4/14 こっちはちょっと芽かきしようかな

5.栽培レポート

しま農研では、じゃがいも栽培に関する詳細な栽培レポートを作成しております。こちらでは2023年までの栽培データを詳しくまとめています。今年の栽培が終わり次第、新たに得た知見や経験をこのページに追加していく予定です。

しま農研での過去のじゃがいも栽培に関心がある方は、ぜひこの記事をご覧ください。ここでは、しま農研の栽培成果や学び、改善点などが共有されており、あなたの栽培に役立つ情報があるかもしれません。

6.まとめ

この記事を通して、しま農研における2024年のじゃがいも栽培のリアルタイム観察記録を共有していきます。ポテトバッグや不織布プランターをはじめとする様々な栽培方法を試し、それぞれの方法でのじゃがいもの成長過程、追肥や収穫の様子、さらには栽培中に直面した課題や成功体験など、豊富な内容をお届けする予定です。

この記事はリアルタイムの栽培を通じて完成させていくため栽培終了まで更新を続けていきますので定期的にチェックしていただければ幸いです。しま農研の観察記録が、あなたのじゃがいも栽培における参考になれば幸いです。

しま農研では、じゃがいもだけでなく他の野菜についても同じようなリアルタイム観察記録の記事を作成しています。これらの観察記録を通じて、栽培の知識と経験を深めるとともに、家庭菜園愛好家の方にとっても有益な情報を提供できることを目指しています。この記事は、しま農研が観察している野菜のまとめ記事になります。よろしければこちらの記事も参考にしてください。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました