新しい庭の土を掘ってみました!

庭作り

菜園スペースを決めたので土堀り作業をしてみました!
思ってみたより予想外のことが色々ありました。

どんなことが分かったの

石が多い、粘土質、掘るのめっちゃ固い!
経験したことを記事にしてみたいと思います。

これから庭に家庭菜園スペースを作ってみようとした方、土作りは一筋縄ではいかないかもしれません。今回は、経験したことを記事にしつつ、前もっての情報になればなと思います。

1.土が硬い

菜園スペースを作ってから、まず感じたのがめちゃめちゃ土が硬い。小さな園芸用のスコップで掘ろうと思っても全然スコップが土に入っていきません。
家が建つ前にそういえばシャベルカー入っていたなぁと思ったのですが、かなり踏み固められていました。そしてかなりの粘土質でした。

これはもうシャベルを買うしかないと思い、近くのホームセンターで買ってきました。このシャベルのおかげで最初の固い土を掘る作業は楽になりました。

硬い土に鋭く刺さるの売り文句通りでした!
それでも結構硬いです!

2.石が多い

どうやら新しい家を建てる場合土は石がたくさん混じった土を作ることが多いようです

たまたま、土を掘っている時に隣で家を建てる職人さんがいたので雑談したら、先に言ってくれたら対策したのにと。。。新しく家を建てる人はダメ元でもいいので相談してみてもいいかもしれません。

そんな中、土の入れ替えも提案してもらいましたが、今回は自分で頑張ってみようと思います(正直心が揺らぎました。笑)

こんなでかい石もゴロゴロありました。

3.作業時間

これからやる人はもしかしたら気になるかもしれません。

1.8m×0.9mで深さを30~40cm掘るのに大体8時間かかりました。

最初の表面の乾いた土を崩していく作業が何気に結構かかります。深くなると土は柔らかくなってくるので割とさくさく進みます。ただ、ここに大きな石があるとこれが少し時間がかかりました。

約2日間かけて掘り進めました。

4.今後の方針

4.1 土から石の除去

まずは土から石の除去をしたいと思います。
除去した石はとりあえず土嚢袋にいれておき将来的には洗って、庭のどこかで使えるかもしれないとたくらんでます。

4.2 粘土質の土を改善

土の改善はできればやろうかなと考えていましたが、甘かったです。あまりにも粘土質すぎるので改善は必須作業になりそうです。まずは堆肥の勉強からでしょうか。こちらはまた記事にしたいと思います。

5.実は楽しい土掘り

なかなか大変な作業ですが、土を掘っている時はかなり無心でできて、あっという間に時間がたっています。

大きな石とかが現れるとどうやってうまく除去してやろうかと考えて、綺麗にとれた時はなかなか気持ちいいものがあります。

後、運動にもなりますので何気に土作りも悪くありません。

まだまだ先は長そうですが、楽しみながらやっていきたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました