ポタージュスープが美味しい!バターナッツかぼちゃの育て方

育て方

バターナッツかぼちゃてあまり聞かない名前だね

ボタージュスープにしたりグラタンにしたら美味しいみたいだよ
今回はバターナッツかぼちゃの育て方についてまとめてみました!

1.バターナッツかぼちゃとは

バターナッツかぼちゃは北アメリカから南アメリカの乾燥した砂漠地帯が原産でウリ科のカボチャ属の野菜になります。
肉質は一般的なかぼちゃより繊維質が少なめで粘質でねっとりしています。
バターナッツかぼちゃは別名「スープかぼちゃ」と呼ばれておりポタージュスープなどスープ類に適しています。

とある動画で見てスーパーであまりみかけないし形の面白さがあるので興味がありました。ポタージュスープも、美味しそうですし挑戦してみたいと思います。

2.定植前の育て方(植え付けまで)

苗を作る場合は4月上旬頃にボットにタネをまいて約30日間育苗をします。苗を買う場合は5月上旬に苗を購入して植え付けます。またタネを直播でも育てられ暖かくなった5月中旬頃に植えます。種を植える場合は3点捲きします。

畝幅は60cm株間は90cm位でツルが長く伸びるため畝の隣に2m以上のスペースを用意しておきます。

つる2m以上伸びるのですね。スペース大丈夫かな

3.害虫対策

植え付け直後にはウリハムシという小さな虫が飛来して葉を食べてしまうこよがあります。生育初期に葉を食べられてしまうと育たたなくなってしまうため、この時期の対策が重要になります。

その対策として苗の周囲にあんどんを立ててウリハムシの飛来を防ぎます。ウリハムシは急降下できる虫でないためこの方法が昔から伝わっているそうです。

4.定植後の育て方

畝の隣にツルが伸びるスペースを用意しますが、藁をしいておくと、巻きヅルを藁に絡ませながらツルを伸ばしていきます。ツルが安定し風で動くことがなく順調に育ちます。

追肥は基本的には必要がなくツルの伸びが悪い時のみ検討します。また着果後は追肥を行わない方がよいそうです。摘心についても基本的には不要です。

5.人工授粉

バターナッツかぼちゃは雄しべと雌しべがあるため授粉することにより実がなります。

放任でも可能ですが、そのままでも大丈夫ですが雨の日や虫が少ない場合、人工授粉すると着果の収穫の確率はあがります。その際は基本的には朝の晴れた日がよいそうです。

6.収穫

バターナッツかぼちゃが受粉すると実が膨らみ始めますので、その際に土に直接触れないように藁や枯草をひいておきます。授粉後40~45日が収穫時期になり、皮が濃いベージュ色コルクのような色になてばはさみで切り取り収穫します。1本のつるに3~4個の実がなるそうです。

7.まとめ

今回、初挑戦のバターナッツかぼちゃ。かぼちゃ類自体も初めて作ります。調べている途中で感じたのですが、もしかしてめっちゃツル伸びるのでしょうか。どんな感じになるか楽しみもあり怖くもありな感じです。

今年作ってみて、いい感じなら来年は空中栽培もやってみたいなという妄想もたてつつ今年がんばってみたいと思います!

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました